home >

九州を動画で巡る WORLD - CRUISE in KYUSHU >

第1回 屋久島[鹿児島]

第1回 屋久島[鹿児島]

ー Yakushima, Kagoshima

屋久島では江戸・大正~高度成長期にかけて、用材として利用すべく杉の伐採が積極的に行われてきた。現在見られる樹齢の古い屋久杉は、そうした用材に適合しない、節が多かったり、ねじれたりしていたために残された杉である。今でこそ「手つかずの自然が残る」と表現されることが多いが、この伐採の結果形成された景観であることを考えると、「手つかず」というよりは「産業遺産」と認識した方が正しい。かつては種子島より認知度が低く、縄文杉もあまり知られていなかった屋久島であるが、1993年の世界遺産登録以降、映画のモデルやドラマのロケ地などとしても知名度が高まるにつれ、多くの観光客が訪れるようになった。誰もいない静けさの中で縄文杉と対峙するには、日帰りのトレッキングでなく、山小屋に宿泊して日の出とともに訪れると良い。多くのガイドブックでは登山やトレッキングを中心に紹介しているが、屋久島は山と同じくらい海にも魅力がある。なかでも永田いなか浜の夕暮れはすばらしく、波の音とともに刻々と色を変えていく空の様子は、筆舌に尽くしがたい美しさである。

ページトップへ戻る

Follow us!