home >

九州を動画で巡る WORLD - CRUISE in KYUSHU >

第19回 臼杵[大分]

第19回 臼杵[大分]

ー Usuki, Oita

臼杵は中世に築かれた町を基盤にして、江戸時代には稲葉氏5万石の城下町として発展した。臼杵川の土砂で形成された低地に凝灰岩の丘陵が点在する、起伏にとんだ地形が特徴だ。空襲や区画整理の影響を受けていないため、狭く曲がりくねった路地や3階建ての木造建築がいたるところに見られ、江戸~昭和初期の雰囲気が色濃く残っている。観光地として整備されている「二王座歴史の道」以外にも、見応えのある路地や建物が随所にあるのでくまなく散策したい。また、町の中心となる中央通り商店街にはかつてアーケードが架けられていたが、周囲の町並みと調和させるため2002年にアーケードが撤去された。古い建造物を活かした店舗改装も行われ、現在では「八町大路」という新しい愛称で親しまれている。

ページトップへ戻る

Follow us!