home >

九州を動画で巡る WORLD - CRUISE in KYUSHU >

第49回 球磨川第二橋梁と川下り[熊本]

第49回 球磨川第二橋梁と川下り[熊本]

ー Kumagawa, Kumamoto

エメラルドグリーンに深く透き通る球磨川。その流れに寄り添うように走る肥薩線の途中、この鉄橋はとつぜん現れる。ピン結合のトラスに組まれたスチールは緻密で美しく、とても頑丈だ。それだけを見るとしぶく染込んだ鉛丹色だが、周囲の山々の緑を背景にするとあざやかな朱色となって際立つ。切石積みの橋脚部は川の流れに沿って傾斜がつけられており、球磨川の急流と調和していた。架けられて100年以上経った今でも力強さの中に優美な印象があるのは、そういった限られた技術で環境に無理なく配置するという、スマートな設計思想によるものだろう。九州横断特急や観光列車のSL人吉が鉄橋を通過する下では、川下りやラフティングでにぎわっていた。川下りの途中で現れてせまってくる鉄橋はインパクトがあり、下から見上げる姿も美しい。明治時代の多大な資金と労力が注ぎ込まれて建設された近代化遺産は、これからも活用されながら多くの人を魅了していくだろう。

ページトップへ戻る

Follow us!