home >

九州を動画で巡る WORLD - CRUISE in KYUSHU >

第55回 隠れキリシタンの港町 崎津[熊本]

第55回 隠れキリシタンの港町 崎津[熊本]

ー Amakusa-city, Kumamoto

波の静かな羊角湾のほとりに崎津天主堂の尖塔が建っている。この地にはじめて教会が建てられたのは1569年のことで、建設したポルトガル人宣教師のルイス・デ・アルメイダは医師や商人としても活躍し、貧しい人々を助けながら信者を獲得していったという。1638年の禁教令以降、崎津のキリスト教徒は隠れキリシタンとなり、禁教令が廃止される1872年までの2世紀半のあいだ密かな祈りを続けていた。現在の天主堂はコンクリート造のゴシック様式で、昭和初期に再建されたものだ。崎津の集落のかわら屋根をひとつにまとめるような、美しいたたずまいを見せている。

ページトップへ戻る

Follow us!