あかのや「焼き冷や汁」

ー 食通の方へ、こだわりの美味を

宮崎の郷土料理として親しまれている冷や汁。鰺などの魚をすり鉢であたり、みそを加えて味をととのえ、だしや水で溶いた汁をご飯にかけて食べるのが原型だ。しかしこれまではレトルトや粉末の商品しかなく、お土産としては魅力に乏しかったのも事実。
そこで、地元のお年寄りによる「冷汁保存会」が残してきた "焼くことによって日持ちをよくした冷や汁" に着目し、昨年初めてが商品化に成功したのがこの「焼き冷や汁」だ。
宮崎の文化を伝える商品ということで、お墨付きももらっている。国産の上質ないりこに、地元・西都市産の大豆で作った自家製みそと、同じく地元のごまとピーナッツをたっぷり加えてすり混ぜる。さらに、180℃で30分焼くことで、香ばしさとコクを出し、保存性を高めている。すり鉢に入れ、熱湯を加えてすり混ぜ、水を加えるだけと、食べ方も簡単。夏場の冷や汁はもとより、冬場は熱々を炊きたてご飯にかけるのがまたいい。

あかのや「焼き冷や汁」

140g[4人前]
780円

あかのや

宮崎県西都市妻町1613-3

宮崎山形屋、宮崎空港でも購入可能


ページトップへ戻る

Follow us!