home >

2011年3月、全線開通!柳本浩市が見た「九州新幹線のデザイン」

2011年3月、全線開通!柳本浩市が見た「九州新幹線のデザイン」

日本の鉄道は世界的に高い評価を得ているが、とりわけ九州の鉄道はデザイン性の高さに定評がある。では2011年3月に全線開通予定の九州新幹線はどうか。その実力を確かめるべく、最新車両の整備や検査が行われる「熊本総合車両基地」(熊本市富合町)をGlyph.代表・柳本浩市が訪ねた。

Photography:Masahiro Shoda
Edit & Text:Issey Enomoto

→

柳本 浩市 koichi yanagimoto

やなぎもと・こういち●1969年山梨県生まれ。2002年にGlyph.設立。企業のコンサルティングや商品開発、イベントや出版物のプロデュースなど、その活動は多岐に渡る。最近ではKDDI「iida」のデザインディレクションに携わっている。著書に『DESIGN=SOCIAL デザインと社会のつながり』(ワークスコーポレーション)。

ページトップへ戻る

Follow us!