home >

贈る相手別、必ず喜ばれる九州土産 vol.4 熊本 >

園田屋老舗「元祖朝鮮飴」

老舗園田屋「元祖朝鮮飴」

- 目上の方や気の張る方へ

"朝鮮" という品名に、朝鮮から製法が伝わったのかと、思いを巡らせる向きもあるかもしれないが、実は、豊臣秀吉が朝鮮出兵を企てた際に、時の熊本城主だった加藤清正が携えていったことからその名がついたという。それほどに古い歴史を持つお菓子なのである。清正公は気候風土によって変味せず、長期の口糧として保存に耐えたことに感激し、「天下一の保存食」と称賛したとか。時代が下り、江戸時代には参勤交代の際に献上品として用いられ、御所や江戸へ運ばれた。箱の中に整然と並ぶ純白な飴の正体は、もち米に、水飴と砂糖を加えて練り上げた、ごくやわらかい求肥だ。「老舗園田屋」の伝承によれば、その製法は、約400年以上前の天正年間(1573~1592年)に初代・園田武衛門が創製したとある。以来、18代にいたる今日まで、脈々とその製法が受け継がれてきた。奥ゆかしい甘さとはかなげな食感は、かみしめるほどに味わい深く、長い年月をかけて多くの人に愛されてきた甘味であることがよくわかる。

元祖朝鮮飴

1箱(小)
630円~

老舗園田屋

熊本県熊本市南坪井町6-1
tel 096-352-0030

熊本空港でも購入可能


ページトップへ戻る

Follow us!