home >

贈る相手別、必ず喜ばれる九州土産 vol.4 熊本 >

丸健水産「うにからすみ」

丸健水産「うにからすみ」

- 食通の方へ、こだわりの美味を

有明海に面した早崎海峡・天草灘は、全国に数あるうにの名産地の中でも、季節に応じた旬のうにが、1年を通してとれる希少なエリアだ。3月1日に紫うにが解禁になり、夏は赤うに、その間、バフンうにをはさんで、晩秋から冬へかけてはガンゼうにがとれる。そうしたうにのメッカで考案された逸品土産がこの「うにからすみ」だ。天草では、ぼらの卵巣を塩蔵し、干して仕上げるからすみも生産している。塩蔵の過程で皮が破れたばらの卵をなんとか有効に使えないだろうかと考えたのがこの品の発案のきっかけだ。塩蔵したばふんうにを合わせたところ、大ヒットとなったとか。4種のうにをそれぞれに試した結果、ばふんうにが最適と、現在の組み合わせに落ち着いた。濃厚なうにの風味の中に、ぷちぷちとしたぼらの卵の食感が感じられ、ねっとり芳醇な味わいは、うにとも、からすみともつかない、足して二で割ったような複雑な味。珍味としての魅力はもちろんうに×からすみ。辛口でどっしりとした日本酒と合わせると、風味のよさが際立つ。

うにからすみ

60g 木樽入り
1890円

丸健水産

熊本県天草市五和町二江4662-5
tel 096-933-1131

熊本空港、熊本県物産振興協会、鶴屋百貨店、熊本県観光物産交流スクエア「かたらんね」でも購入可能


ページトップへ戻る

Follow us!