home >

贈る相手別、必ず喜ばれる九州土産 vol.4 熊本 >

森からし蓮根「からし蓮根」

森からし蓮根「からし蓮根」

- 両親や祖父母へ、懐かしくて優しい地元の味

熊本で最も有名な郷土料理といえば「からし蓮根」おいてほかにない。蓮根の穴に麦味噌と練り合わせた和がらしを詰め、卵黄と蚕豆粉を混ぜた衣をつけて丸ごと揚げたものだ。そのまま輪切りにして、醤油をつけて食べるほか、電子レンジかオーブントースターでさっと温めてもいい。しゃきしゃきした蓮根の歯応えと、ツンと鼻に抜けるからしの辛みとみその甘みが相まって、ついもう1枚とくせになる。実はこの「からし蓮根」の紀元は、「森からし蓮根」の歴史そのものでもある。嘉永8年、時の藩主、細川家初代の忠利公の虚弱体質を心配した玄沢和尚が、造血剤として効果があるれんこんを食べることを奨めた。当時、藩の賄い方をしていた初代が調理の命を受け、現在のからし蓮根を考案し、献上。忠利公は見る間に健康を取り戻し、以来、藩の栄養食として珍重されたという。そして18代目の今に至るまで、初代が完成させた秘伝の製法が頑なに受け継がれている。しかも、そうした古典的な品が、伝統食というだけでなく、今も割烹や居酒屋、そして家庭でも、欠かせぬ味として愛されているところが素晴らしい。熊本県人は "もっこす=頑固一徹" というが、からし蓮根は、まさに "もっこす" が生み育てた美味だ。

からし蓮根

大1本 1箱
1575円

森からし蓮根

熊本県熊本市新町2-12-32
tel 096-351-0001

熊本空港、鶴屋百貨店でも購入可能


ページトップへ戻る

Follow us!