赤身ステーキ イビサソース[尾崎牛]

- トマト&黒オリーブ+ピリ辛味のさっぱりソースと赤身肉が相性抜群!


赤身ステーキ(約170g) ………… 2枚
塩、こしょう ………… 各少々

イビザソース
ケッパー ………… 大さじ2
ブラックオリーブ ………… 10個
エシャロット ………… 1個
トマト ………… 中1個
タバスコ ………… 小さじ1~2
塩 ………… 適量


尾崎牛 赤身ステーキ(約170g) 2200円

もも肉を長径18cmくらいの判にカットしたもの。噛みしめるごとに旨みがジュワッと口にあふれ、赤身肉の醍醐味が味わえる。商品は冷凍で届くため、時間をかけてゆっくり自然解凍すること。

申し込みは「尾崎牛
tel 0985-30-3037
fax 0985-41-2812
www.ozaki-beef.com


ステーキ肉は自然解凍したのち、常温にもどしておく。

ケッパー、ブラックオリーブ、エシャロットはそのまま、
トマトは種を取って、それぞれみじん切りにする。
すべてを混ぜ合わせ、タバスコと塩で味を調える。

ステーキ肉は焼く直前に塩、こしょうをし、熱した
グリルパンにのせ、強火で焼き目をつけ、ひっくり返して
好みの加減に焼き上げる。

グリルパンを充分に熱したら、斜めに焼き目がつくようにステーキ肉をのせ、そのまま強火で2分、中火に弱めて3分、ひっくり返してさらに中火で3分くらいを目安に、好みの加減に焼き上げる。最初に強火で焼いて、旨みを逃さないのがポイント。もうひとつ、一番大切なことは、牛肉を室温に戻しておくこと。冷蔵庫から出し立てや、解凍が不十分で冷たいと、火が入るのに時間がかかり、おいしさの素の肉汁が外へ出てしまう。

Tomo's Point

牛肉の旨みをストレートに生かすためには、シンプルなソースが一番。今回は、スペインのイビザ島に遊びに行ったときに食べて、すごく気に入ったソースをアレンジしました。ピリッとタバスコの辛みが効いたトマト&オリーブのソースが、濃厚な牛肉の旨みをさっぱりと食べさせてくれます。

ページトップへ戻る

Follow us!