煮込みハンバーグ[尾崎牛]

- ホールトマトと赤ワインの簡単ソースでレストランの味が楽しめる


ハンバーグ ………… 4個
玉ねぎ ………… 大1個
人参 ………… 2本
じゃがいも ………… 中4個
赤ワイン ………… 550ml
ホールトマト ………… 2缶(240g×2)
ローリエ ………… 2枚
乾燥オレガノ ………… 小さじ1
乾燥バジル ………… 小さじ1
乾燥タイム ………… 小さじ1
サラダ油 ………… 大さじ2
生クリーム ………… 100ml
バター ………… 10g
ケチャップ ………… 大さじ3
ウスターソース ………… 大さじ3
塩 ………… 適量

尾崎牛ハンバーグ(80g×5個)1800円

もも肉などの赤身を中心に、脂身の部分を多少混ぜて、粗びきのミンチにし、平たいパテ状にかためたもの。ハンバーガーならそのまま焼くだけでOK。商品は冷凍で届くため、時間をかけてゆっくり自然解凍すること。

申し込みは「尾崎牛
tel 0985-30-3037
fax 0985-41-2812
www.ozaki-beef.com


尾崎牛ハンバーグは自然解凍し、
手で丸めなおす。

玉ねぎは8等分のくし形に切る。
人参は一口大の乱切りにする。
じゃがいもは皮をむいて2等分する。

フライパンにサラダ油を熱してハンバーグを入れ、焼き目がついたら取り出し、深鍋に移す。残った油での玉ねぎと人参を炒め、表面に火が入ったら、油ごと鍋に入れる。

の鍋に赤ワイン、つぶしたホールトマト、ローリエ、乾燥ハーブ類を加えて中火にかける。途中出るあくをこまめにとり、取りきったら、のじゃがいもを加え、さらに煮込む。水分が半分以下になったら、生クリーム、バター、ケチャップ、ソースを加え混ぜ、最後に塩で味を調える。

自然解凍したら、煮崩れにくいように、厚みのある楕円形に丸め直す。ソースの味が中までしっかりしみてふっくらジューシーに仕上がる。

ハンバーグの煮込みソースは、半分量になるまでしっかり煮詰めるのが、レストラン顔負けの味に仕上げるコツ。煮詰め方が足りないと、リッチさが出ず、ケチャップなど、調味料に頼りがちになってしまう。

Tomo's Point

煮込んでいる間にも、ハンバーグから旨みがどんどん出てくるので、順番に素材を加えて煮込むだけのお手軽バージョンでも、驚くほど本格的な味になるんですよ。煮詰めるときは、火が強いと焦げるので、30分くらいかけてじっくりと。

ページトップへ戻る

Follow us!