ささみのカルパッチョ[おく松さんちの地どり]

- 家庭で手軽に刺し身が楽しめる、鶏好き大喜びの一品


鶏ささみ ………… 1羽分
芽ねぎ ………… 適量
塩 ………… 適量
黒こしょう ………… 適量
エクストラバージンオリーブオイル … 適量

鶏ささみ
レバー・ハツ・砂肝

あっさりと品のいい鶏ささみと、濃厚な旨みに満ちた内臓類。どちらも、到着翌日(さばいてから2日後)まで、生で食べてもOK。
鶏1羽分(もも肉2枚、胸肉2枚、ささみ2本、手羽2本、レバー、ハツ、砂肝)
3980円

申し込みは「おく松さんちの地どり
tel & fax 0984-23-7122
jidori-farm.com


鶏ささみの筋をとり、薄いそぎ切りにして皿に並べる。
塩、こしょうをふり、芽ねぎを散らし、
エクストラバージンオリーブオイルを回しかける。

レバー、ハツ、砂肝などの内臓類もカルパッチョスタイルで薄切りにして、塩、こしょうとオリーブオイルで食べると、絶品。「とろりと溶けて広がるレバーの甘みも、砂肝やハツのコリコリと魅惑的な食感も、内臓好きなら感涙もののおいしさですよ!」

Tomo's Point

ささみを薄切りにして、生でそのまま食べるというこのレシピは、なんといっても奥松さんの「みやざき地鶏頭」があってこそのもの。必ず、届いた翌日までの鮮度のいい状態で楽しむこと。切るときも、フレッシュな状態が保てるよう、なるべく手早く!

ページトップへ戻る

Follow us!