うなぎ蒲焼きのオムライス[うなぎ処 鰻楽]

- とろ~り!だし風味のオムレツと甘辛い蒲焼きの相性抜群


うなぎ蒲焼き ………… 1/2 尾
ごはん ………… 2膳
長ねぎ(みじん切り) ………… 1本分
ごま油 ………… 大さじ1
ごま昆布 ………… 20g
卵 ………… 3個
だし汁 ………… 100 ml
塩 ………… 少々
サラダ油 ………… 大さじ2


鰻楽 うなぎ蒲焼3尾 5250円

購入できるうなぎ蒲焼は、店で出している直焼きタイプではなく、背開きにしたものを蒸してからたれをかけて焼き上げる、関東のスタイル。より柔らかいので、家庭でアレンジするのに向く。商品は冷凍で届くため、時間をかけてゆっくり自然解凍すること。

申し込みは「うなぎ処 鰻楽
tel 0985-65-6600
fax 0985-65-6699
www.manraku.net


うなぎを冷たい状態で細切りにし、電子レンジかフライパンで軽く温める。温めてから切ると、崩れて切りにくい。

フライパンにごま油を熱し、長ねぎを加え、少し焦げ目がつくまで炒める。そこへ温かいごはん、ごま昆布、のうなぎを加え、軽く炒め合わせ、器に木の葉形に盛る。

卵は溶きほぐし、だし汁と塩を加えて味を調える。
きれいにしたフライパンにサラダ油を熱し、
卵液を流し入れ、混ぜながら火を入れ、表面が固まったら、寄せて半分に返し、ゆるいオムレツを作る。
のごはんの上にオムレツをのせて、できあがり。

ごま昆布は「ふじっこ」の佃煮を使用。ほどよい塩辛さが味のアクセンになるばかりでなく、旨みの補強にも。うなぎ蒲焼とごま昆布で、ほとんど調味料いらず。

Tomo's Point

思い切ってゆるゆるのオムレツに仕上げるのが、美味しさの秘密。混ぜながら火を入れ、ある程度底がかたまってきたら、フライパンを傾けて向こう側に卵を寄せ、返しながら半分に折りたためばOK。多少崩れても、ペーパータオルなどでおさえれば修正が効くのであわてないこと。

ページトップへ戻る

Follow us!