home >

贈る相手別、必ず喜ばれる九州土産 vol.7 福岡 >

椒房庵「無着色からしめんたいこ(中辛)」

椒房庵「無着色からしめんたいこ(中辛)」

- 食通の方へ、こだわりの美味を

博多といえば、明太子。数ある名店の中でも、穏やかな辛味と上品な旨みで別格の人気を誇るのが、「椒房庵」の品だ。スケソウダラの漁獲高が年々減るなか、あくまでも北海道産にこだわり続けている。それは、原卵そのものが持つ濃厚な旨みが、外国産とでは比較にならないから。たらこ本来の持ち味を生かした明太子作りを目指す「椒房庵」にとっては、そこは譲れない点なのだという。厳寒の時期に揚がるスケソウダラの、皮がほどよく薄く、熟した真子を選別して、こだわりの辛子だれに漬け込む。昆布出汁、唐辛子、自社醸造の醤油を混ぜたそれは、魚卵の旨みを消さないよう、辛みは控えめで奥ゆかしい味わい。柚子味、七味味などバリエーションも豊富だが、写真の中辛が基本の中の基本。炊きたてのごはんにのせて食べれば、日本人に生まれた喜びをかみしめずにはいられない。

無着色からしめんたいこ(中辛)
240g
3150円

椒房庵

福岡県糟屋郡久山町久原2527
tel 0120-014-277

岩田屋、JR博多駅デイトス店、福岡空港でも購入可能


ページトップへ戻る

Follow us!