黒豚カツカレー すりごまソース[鹿児島ますや・鹿北製油]

- すりごまのコクが、ジューシーな肉質ととろけるような脂身の旨みをアップ


トンカツ
黒豚ロース肉 ………… 厚さ約1.5cm 2枚
小麦粉、溶き卵、パン粉 ………… 各適量
揚げ油 ………… 適量

カレー
カレールウ ………… 1箱
じゃがいも ………… 3個
セロリ ………… 1本
にんじん ………… 1本
りんご ………… 1/2 個
玉ねぎ(みじん切り) ………… 1個
水 ………… 1L

ソース
国産黒ごま ………… 大さじ4
ウスターソース ………… 大さじ4
サラダ油 ………… 適量

ごはん ………… 大盛り2膳


黒豚ロース肉1kg 2415円

肉質はやわらかくて旨みたっぷり、脂の甘みが際立つロース肉。好みの分量にカットして送ってもらえるのもうれしい。配送は冷蔵と瞬間冷凍による冷凍を選べる。

申し込みは「鹿児島ますや
tel 0995-66-4186
fax 0995-67-0904
www.kurobuta-ichiban.co.jp


国産釜いり白ごま 1袋(50g)472円

国産の白ごまを薪火で低温でゆっくり焙煎した白ごま。ごま本来の甘みが楽しめる。

申し込みは「鹿北製油
tel 0995-74-1755
fax 0995-74-1756
www.kahokuseiyu.co.jp


野菜カレーを作る。じゃがいも、セロリ、にんじん、りんごはすべて皮をむいてミキサーにかけ、それぞれサラダ油でソテーする。

別鍋にサラダ油を温め、玉ねぎを加え、あめ色になるまで炒める。そこへ1の野菜をすべて入れ、野菜が溶けるまで煮込み、最後に市販のカレールウを溶き入れて仕上げる。

トンカツを作る。豚ロース肉は筋を切り、両面に塩、こしょうをし、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、中温に熱した油で揚げる。

国産釜いり白ごまはフライパンで軽く煎って香りを出してからすり鉢でする。ウスターソースと混ぜ合わせてソースにする。ウスターソースの量は好みで加減する。

器にごはんを盛り、トンカツを切り分けてのせ、すりごまソースを添える。

フライパンで軽く煎いってからすり鉢でする。薪火での低温焙煎なので、甘みは充分だが、香りが立ちにくいので、使用する直前に煎るとよい。

切り分けたトンカツは、肉はほんのりピンク色でジューシー。融点が低いので、脂身はとろけるように柔らかい。

Tomo's Point

ごくオーソドックスなカツカレーだけれど、揚げることで、逆に脂身がさっぱりとして、甘みがますから不思議です。おいしいごまのソースと極上の豚がたまりません。

title

other features

ページトップへ戻る

Follow us!