かれいの唐揚げ 黒酢あんかけ[坂元醸造]

- こくのある黒酢のあんが、ボリュームのある揚げものに好相性


かれい ………… 1尾
塩 ………… 適量
片栗粉 ………… 適量
揚げ油 ………… 適量

黒酢あん
ごま油 ………… 大さじ1
玉ねぎ(薄切り) ………… 1/2 個分
にんじん(せん切り) ………… 1/2 本分
鶏ガラスープ ………… 50ml
坂元のくろず ………… 100ml
醤油 ………… 大さじ3
片栗粉 ………… 小さじ2
水 ………… 大さじ3

三つ葉や白髪ねぎ ………… 適量


坂元のくろず 360ml 1029円

仕込みから1年以上かけて発酵、熟成させた、まろやかなくろずは、坂元醸造のスタンダード。独特の風味は、良質の原料から生まれるアミノ酸や有機酸によるもの。

申し込みは「坂元醸造
tel 0120-207-717
www.kurozu.co.jp


かれいは内臓を除いて流水で洗い、水けをふいて、両面に塩をする。まんべんなく片栗粉をまぶしつけ、低めの温度に熱した油でじっくり、からりと揚げる。

黒酢あんを作る。フライパンにごま油を温め、玉ねぎとにんじんを炒める。しんなりとして火が通ったら、鶏ガラスープ、坂元のくろず、醤油を入れ、ひと煮立ちしたら水溶き片栗粉を加え混ぜてとろみをつける。

器に盛ったのかれいの上にのあんをかけ、三つ葉のざく切りをのせる。好みで白髪ねぎでもいい。

野菜にしんなり火が通ったら、「坂元のくろず」と鶏ガラスープを加えてさらに煮る。

Tomo's Point

酸味がまろやだから、たっぷり使って、充分にこくのある濃厚な味わいが出せるのが利点です。合成のお酢では、こんな量を入れたらむせてしまうはず。砂糖を加えなくてもOKと、体にもいい自然な酸味と旨みを備えた甘酢あんは、おかわりしたくなるおいしさですよ。

title

other features

ページトップへ戻る

Follow us!