ほりえラーメン

- Kagoshima-city, Kagoshima

シンプル、あっさり、ボリュームたっぷり。
一杯300円の至福。

78歳の女将さんがひとりで切り盛りしている『ほりえラーメン』は、最初に紹介した『のぼる屋』の目と鼻の先、歩いて30秒ほどの位置にある。建物は『のぼる屋』同様、古い木造建築。もともとは暖簾も看板もない店だったというが、2010年7月に創業50周年を祝って女将さんのお姉さんがプレゼントしてくれた暖簾が軒先に掛けられている。ラーメンはシンプルそのもの。スープは透明感があり、調味料が軸のあっさりした味。具の量は控えめで見た目もそっけないが、ツルツルとした食感のストレートタイプの麺は思いのほかボリュームたっぷり。これ一杯でお腹は十分に満たされる。値段は一杯300円と破格。大盛りにしても350円というから驚きだ。なお、この店に最初に取材依頼の電話をした際は「取材はすべてお断り」と断られたが、現地を訪れた際に飛び込みで女将さんに掛け合い、特別に取材の許可をもらったことを付記しておく。

「木造の古い建物は、これだけで文化遺産のような趣。店の雰囲気といい、女将さんの佇まいといい、香川の有名讃岐うどん店『池上』を彷彿とさせます。それにしても、すぐ近くの『のぼる屋』」は一杯1000円なのに、こちらは300円。そのあまりに大きな価格差は不思議ですね……」

ほりえラーメン

鹿児島県鹿児島市堀江町2-8

tel 099-222-8569
営業時間:11:00〜14:00
定休日:日曜日
ラーメン300円、ラーメン(大)350円


ページトップへ戻る

Follow us!