いか団子と春雨のスープ 柚子こしょう添え[由布院 玉の湯]

- とろとろに煮えた白菜と春雨に、こんがり揚げたいか団子が好相性


やりいか ………… 1ぱい(正味約120g)
にんじん(みじん切り)……… 中1/3本分
玉ねぎ(みじん切り)………… 中1/4本分
片栗粉 ………… 大さじ2
塩 ………… 少々
揚げ油 ………… 適量
白菜 ………… 1/8株
春雨 ………… 50g
鶏ガラスープ ………… 1ℓ
ゆずこしょう ………… 適量


柚子こしょう 1瓶(80g)850円

青柚子の皮と青唐辛子のペーストに、柚子果汁と塩を加えて熟成させたピリッと香り高い薬味調味料。

申し込みは「由布院 玉の湯
tel 0977-84-2158
fax 0977-85-4179
www.tamanoyu.co.jp


やりいかは内臓を取り除いて皮をむき、身とゲソは一口大に切る。にんじん、玉ねぎ、片栗粉、塩とともにをフードプロセッサーにかける。

揚げ油を中温に熱し、のたねをスプーンですくって落とし、こんがりと揚げる。

白菜はざく切りにする。春雨は水で戻し、食べやすい長さに切る。

鍋に鶏ガラスープを沸かし、白菜を加えて煮、続いていか団子を入れて温め、白菜に火が通ったら春雨を加え、塩こしょうで味を調える。器に盛り、ゆずこしょうをたっぷり添える。

いか団子の材料をすべてフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。この時点で、たねが流れるほど柔らかいようなら片栗粉少々を足して調節する。

スプーン2本を使って、たねを丸く形づくりながら、油の中に滑らせるように落としていくと、失敗なく団子状にできる。

土鍋は火のあたりが柔らかいので、コトコト煮こめば白菜がとろとろに。

Tomo's Point

土鍋であらかた煮てから卓上に移して、鍋を囲みながら、皆で食べても楽しいですね。柚子こしょうをたっぷり添えてアクセントに。だから、いか団子の塩は、ゆずこしょうの分を考えて控えめに調えること。

ページトップへ戻る

Follow us!