種子島宇宙センター見学スポット

- Tanegashima, Kagoshima

自然の造形をなるべく壊さないよう、起伏にとんだつくりの種子島宇宙センター。一般公開されている見学施設や、射場一望できる展望所など、JAXAのスタッフが解説してくれる「施設案内ツアー(事前予約制)」を申し込むのがおすすめ。

ロケットの丘展望台

大型ロケット発射場や中型ロケット発射場が展望できる展望所。駐車場あり。

大崎第一事務所(H2ロケット7号機)

実際に宇宙に行く予定で作られたものの、打ち上げ中止になってしまったH-IIロケットを、元々ロケットの組み立て場だった場所で一般公開している。日本の技術だけで作られた、純国産のロケットを間近で見る事が出来る。
*要施設案内ツアー申し込み

中型ロケット発射場

N1ロケットを打ち上げる時(1972年)に使われていた中型ロケット発射場。N-I ロケットからN-II、H-I そして J-I ロケットまでの打ち上げに使われたが、現在は使われていない。「NASDA」のロゴが配された、高さ60m、重量 2700tの中型ロケット組立塔は、すでに老朽化し撤去が予定されている。

小型ロケット発射場

種子島宇宙センターの南端にある、小型ロケット発射場。かつてTR-IA などの小型ロケットの組み立て 点検・発射管制などを行っていた設備が残っている。

竹崎展望台

ロケット打ち上げ時の新聞・テレビなどの報道機関の取材用施設。取材用スタンドのほか建物内には、記者会見室、プレスセンターなどを完備している。
*外観のみ見学可能

宇宙科学技術館

ロケットはもちろん、人工衛星や国際宇宙ステーション計画、地球観測、天体・惑星など、宇宙開発におけるさまざまなことが学べる科学技術館。世界15カ国の協力のもと、宇宙空間で建設が進んでいる国際宇宙ステーション(ISS)に設置された日本実験棟「きぼう」の実物大モデルや、コンピュータを使った簡単な宇宙実験シミュレーションで宇宙空間を体験することができる。ほかにも、H-IIAロケットの打ち上げの模様を再現した精巧な模型や、月探査の歴史がわかる月球儀などを展示。ミュージアムショップでは、JAXAや宇宙に関連したグッズを販売している。

開館時間:9:30~17:00(7~8月は9:30~17:30)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日/8月は原則無休)
年末年始(12/29~1/1)
*ロケットの打ち上げで休館する場合があります。
入館料:無料 、駐車場あり


種子島宇宙センター

鹿児島県熊毛郡南種子町大字茎永字麻津
tel 0997-26-2111(代表)

www.jaxa.jp/about/centers/tnsc/

見学のお問い合わせ
宇宙科学技術館(施設案内ツアーは事前予約制)
tel 0997-26-9244
fax 0997-26-9245

飛行機
鹿児島空港から種子島空港[30分]
大阪空港から種子島空港[1時間30分]
種子島空港からタクシー[50分]

航路
フェリー:鹿児島から種子島「西之表港」[3時間30分]
ジェットフォイル:鹿児島「南埠頭」から種子島「西之表市」[1時間40分]
西之表港からバス[2時間]・タクシー[1時間15分]

other features

ページトップへ戻る

Follow us!