自然薯のアーリオ・オーリオ エ ペペロンチーノ[山のいぶき 高村武志牧場]

- にんにくの香りとぴりっとした辛味、ほくほくの食感が意外な好相性


自然薯 ………… 250g
にんにくの薄切り ………… 大さじ1
赤唐辛子 ………… 適量
オリーブオイル ………… 大さじ3
塩 ………… 適量

自然薯 1kg 3000円
(但し、収穫期の11月~3月まで)

人里はなれた標高500mの厳しい環境の中で自然のままに育てられる、粘り気の強い、滋味豊かな自然薯。

申し込みは「自然薯料理 やまたけ
tel 0967-44-0930
fax 0967-44-0931


自然薯の表面をガスコンロの火であぶって表面のひげ根を焼き、皮をアルミホイルを丸めたものやタワシなどでこすって落とす。約2cm幅に切る。

フライパンにオリーブオイルをひき、中火で種を取った赤唐辛子と薄切りにしたにんにくを炒める。にんにくがきつね色に色づいて、油に香りが移ったら、にんにくと唐辛子を取り出す。

のフライパンに自然薯を入れ、弱火に落とし、断面がカリッとするまで焼いたらひっくり返し、裏面も焼き目がつくまで焼き、塩をふってできあがり。

オリーブオイルににんにくと赤唐辛子の香りを移す際、にんにくは焦げやすいので、フライパンは熱しすぎないこと。自然薯を入れてからも弱火で、じっくり。

Tomo's Point

自然薯はそのまますおろして、とろろごはんに。吸い物に落とせば、ふわふわのしんじょふうだんごに。でも、油でホックリ焼き上げたおいしさも格別。じっくりにんにくの香りと唐辛子の辛味を移したオリーブオイルで焼けば、ワインの進む洒落た前菜に。

ページトップへ戻る

Follow us!