素麺の冷や汁風[本村製麺工場]

焼いた鯵にみそとごまを加えてすり混ぜた冷や汁を、そのままつけだれに。


鯵の干物 ………… 1尾
みそ ………… 大さじ2
白すりごま ………… 小さじ4
大葉 ………… 10枚
みょうが ………… 3個
水 ………… 2カップ
素麺 ………… 3束

素麺「水晶の光・旭」
1袋(5束入り)525円

申し込みは「本村製麺工場
長崎県南島原市西有家町須川362-1
tel 0957-82-2145
fax 0957-82-1034
www.motomura-soumen.com



鯵じの開き
2枚 315円

申し込みは「海産工房 梅元
長崎県長崎市茂木町1251-3
tel 095-836-1110
fax 095-836-3153
www.umeume.jp


鯵の干物は両面を焼き、骨と皮をはずして身をほぐす。

すり鉢に鯵の身、みそ、白すりごまを入れ、なめらかになるまですり合わせ、フライパンに広げ、焦げ目がつくまで焼く。

をすり鉢に戻し、水を少しずつ加えて溶き混ぜる。

器に冷や汁を盛り、すりごま(分量外)をふり、刻んだ大葉、みょうがをのせる。

素麺は熱湯でゆで、冷水でよく洗って水けをきり、ざるに盛り、をつけながら食べる。

鯵は両面をこんがりと焼く。しっかり脂が出るよう、弱めの中火でじっくり焼くのがコツ。

皮を除き、骨をはずしながら身をほぐす。骨が残らないように入念に。

すり鉢に戻し、全体が写真のようになめらかになるまで充分すり混ぜる。

Tomo's Point

宮崎の郷土料理、冷や汁を食べたのはいつのことだったか、これは美味しい、大好き!と感激したのをよく覚えています。素麺のたれにぴったりかも、と思って試してみたら大成功。本来は生の鯵を焼くのですが、干物を使えば、ぐっと手軽です。

ページトップへ戻る

Follow us!