風呂吹き大根のからすみ添え[藤井からすみ店]

ほっくり煮た大根と、香ばしくあぶったからすみの塩けがアクセント。


大根 ………… 8cm
からすみ ………… 2cm
だし汁 ………… 4カップ
みりん ………… 大さじ 1/2
酒 ………… 大さじ1
薄口醤油 ………… 大さじ 1/2
片栗粉 ………… 大さじ1

からすみ(国産)
100g 12,000円

申し込みは「藤井からすみ店
長崎県長崎市北浦町1983-22
tel 095-836-0036
fax 095-836-1136
www.karasumi.co.jp


大根は皮をむき、2cm厚さの輪切り。だし汁と調味料を合わせた中で、弱めの中火でじっくりやわらかくなるまで30分ほど煮込む。

からすみは網にのせてこんがりとあぶる。

食べる直前に再度温め、同量の水で溶いた片栗粉でとろみをつける。器に大根を盛り、あんをかけ、あぶったからすみをのせる。

しっかりと厚みのある極上品のからすみを5mmの厚さに切る。斜めに切らずにぶつぶつと縦に切れる厚みこそが、藤井からすみ店の自慢。薄切りにしたものを1枚ずつパックした、手軽なカットからすみも販売されているので、そちらを利用しても。

ガスの上に網をかけて、直火で両面をこんがりと炙る。炙ることで脂けが抜け、ほろりとした食感と香ばしさが楽しめる。

煮物はだしが決め手。トモさん愛用の「兵四郎のだし」を使えば、だしパックを入れてそのままことこと煮るだけで、本格派のふろふき大根が楽しめる。煮物は冷めるときに味が入るので、いったん冷ますといい。

Tomo's Point

そのままでもおいしいふろふき大根ですが、あぶったからすみを添えれば、途端に極上のおもてなしメニューになります。おだしをたっぷりはれば、椀ものがわりにも。あぶったからすみは一口かじって美味、だしの中にくずれて美味。たまりません!

ページトップへ戻る

Follow us!