home >

長尾智子が訪ねる 九州の器 温故知新 第二回 小代焼と天草陶磁器[熊本]後編 —天草陶磁器—

長尾智子が訪ねる 九州の器 温故知新 第二回 小代焼と天草陶磁器[熊本]後編 —天草陶磁器— 長尾智子が訪ねる 九州の器 温故知新 第二回 小代焼と天草陶磁器[熊本]後編 —天草陶磁器— 長尾智子が訪ねる 九州の器 温故知新 第二回 小代焼と天草陶磁器[熊本]後編 —天草陶磁器— 長尾智子が訪ねる 九州の器 温故知新 第二回 小代焼と天草陶磁器[熊本]後編 —天草陶磁器— 長尾智子が訪ねる 九州の器 温故知新 第二回 小代焼と天草陶磁器[熊本]後編 —天草陶磁器— 長尾智子が訪ねる 九州の器 温故知新 第二回 小代焼と天草陶磁器[熊本]後編 —天草陶磁器— 長尾智子が訪ねる 九州の器 温故知新 第二回 小代焼と天草陶磁器[熊本]後編 —天草陶磁器—

有田焼、唐津焼、小鹿田焼、薩摩焼……、九州にはいたるところに、土地の風土に根ざした焼き物が存在する。ある窯は民陶として受け継がれ、またある窯は偉 大な陶芸家を輩出しながら、それぞれに豊かな個性を確立していった。しかしながら、いずれの窯も、起源をたどれば、豊臣秀吉の朝鮮出兵時に連れられてきた 陶工たちが、着船した土地で祖国をしのびながら焼いた陶器が、やがて国焼(くにやき)として根づいていったことに行き着く。2008年より仕事として九州の焼き物に携わり、生来の器好きという視点をさらに深めていった長尾智子さん。各地の窯元を訪ね、遠い先祖である陶工たちか ら受け継がれた伝統的な器の中に本質を伝える美を見出し、同時に、現代の暮らしの中への生かし方を提案する。第二回目となる九州の器の "古きを温め新しきを知る" 旅では、熊本を代表する民藝、小代焼と、陶石の産地・天草の窯元を訪ねた。

Photography:Tetsuya Toyoda
Edit & Text:Hiroko Komatsu

→

長尾 智子 tomoko nagao

ながお・ともこ●フードコーディネーター。素材の持つ力をシンプルに引き出し、ダイレクトに心に響く料理を創り出すことには定評がある。同時に、料理そのものだけでなく、盛りつける器から、器を置く空間、つまり暮らしぶりそのものが、独特の美意識に貫かれた世界観にはファンが多い。2008年より、福岡県の小石原焼の新ブランド「小石原ポタリー」のプロデュースを始め、食と暮らしへの関わりを一層深めていく。その仕事の範疇は、料理本や雑誌連載の執筆から、商品開発やメーカーのコンサルタントまで、多岐にわたる。「ベジダイアリー」(文化出版局)「あさ・ひる・ばん・茶」(文化出版局)、「お鍋ひとつでできること」(エイ出版社)など著書多数。
www.vegemania.com

ページトップへ戻る

Follow us!