天然鯛の頭の煮付け[味の兵四郎]

豪快に鯛のかまを丸ごと煮るから、旨みのもと、ゼラチン質もたっぷり。


鯛の頭(かまつき)… 1枚(1尾分を半割りにしたもの)
「割烹がえし」 ………… 1カップ
水 ………… 3カップ
しょうが ………… 10g(親指大) 針しょうが ………… 大さじ1

割烹がえし
1瓶 310ml 735円

申し込みは「味の兵四郎
福岡県筑紫野市美しが丘北3-1-3
tel 0120-849-888
fax 0120-849-049
www.ajino-hyoshiro.co.jp


天然鯛の頭(かまつき) 1枚
1000円くらい(時価)

申し込みは「天龍
福岡市中央区春吉1-6-3 柳橋連合市場内
tel 092-741-8256
fax 092-741-0575



鯛の頭をざるにのせ、熱湯を回しかけて、くさみをとる。

鍋に割烹がえしと水、しょうがを入れて火にかけ、沸いたら鯛の頭を入れ、落しぶたをし、20分ほど煮る。途中煮汁をかけながら、まんべんなく味を含ませる。煮汁が約半量に煮詰まり、とろみがついたらOK。

器に盛り、針しょうがを添える。

鯛の頭をざるにのせ、熱湯を回しかけることで、くさみをとると同時に表面を固め、旨みを逃さないようにする。

Tomo's Point

鯛の頭を丸ごと煮れば、それだけでごちそう。なのに、1枚800円前後と、リーズナブルなのがとっても嬉しい点。しかも、味の兵四郎の「割烹がえし」を使えば、腕がなくても、間違いなくおいしくできます。究極のおもてなしメニューですよ!

column「二日酔いスープ」

私の二日酔いの特効薬は、味の兵四郎のおだし。お椀に梅干しととろろ昆布を入れ、熱湯で煮出した減塩「あご入兵四郎だし」を注ぎます。一口飲むと、だしが体中にしみわたり、二日酔いの体がだしを欲していたことがよ~くわかります。次第に頭はすっきり、体に力がわいてきます。ぜひ、お試しを!

ページトップへ戻る

Follow us!