伊藤直樹と湯本優が大分・熊本を疾走! 九州自転車の旅 2日目 由布院〜阿蘇編

情緒あふれる由布院の町を散策

Day 2. from Yufuin to Aso

由布院の温泉宿で迎えた2日目の朝。すぐに出発してしまうのはもったいないと考えた伊藤と湯本は、午前中は由布院の町を散策して過ごすことに。由布院は年間400万人が訪れる、九州屈指の温泉街。この日も多くの観光客で賑わっていた。

JR由布院駅から由布岳方面にのびる「湯の坪街道」。飲食店や土産物屋が立ち並び、多くの観光客で賑わう。
由布院の町を自転車でのんびりと走る伊藤と湯本。朝日に照らされた由布岳を右手に眺めながら。
大分県出身の建築家、磯崎新が駅舎の設計を手掛けたJR由布院駅。ここが本日のスタート地点となる。
 

そろそろ出発しましょうか、というタイミングで、前日に続き「今日、ほんとに60km走るの? マジで? 嘘でしょ?」などとごねる伊藤。湯本は意に介さず「さあ、いきましょう!」と颯爽とスタートしてしまう。そんな鬼コーチの態度を見て覚悟を決めたのか、伊藤もすぐさまそれに追随。こうして2日目の旅がスタートした。

 

ページトップへ戻る

Follow us!