伊藤直樹と湯本優が大分・熊本を疾走! 九州自転車の旅 2日目 由布院〜阿蘇編

九州屈指の景勝地「長者原」へ

Day 2. from Yufuin to Aso

やまなみハイウェイのワインディングロードを快走する伊藤と湯本。
気温はやや低いものの、空気は澄み、気持ちの良い青空が広がる。サイクリングには絶好のコンディションだ。

昼過ぎに由布院を出発した伊藤と湯本はやまなみハイウェイ(県道11号)を西へと向かい、山道を10kmほど登り進むと国道210号との分岐点である水分峠(みずわけとうげ)にたどり着く。そこでは国道210号に折れずにやまなみハイウェイをさらに南へと進み、阿蘇に向けて針路を取る。前日と同様、ひたすら上り坂が続くが、クルマの通行量は少なく、伊藤と湯本は穏やかな陽気のなか快適なサイクリングを楽しむ。

崩平山を左に見ながら山あいの道を抜け、やまなみハイウェイをさらに15kmほど走ると、長くフラットな直線が続く「長者原」(ちょうじゃばる)にたどり着く。

 
山からは噴煙が立ち昇る。火の国・熊本はすぐそこだ。
長者原の絶景ポイントで記念撮影。くじゅう連山を背景に爽やかな笑顔を浮かべる伊藤と湯本。
 
と思いきや、写真を撮り終えた直後にぐったりと倒れ込む伊藤。疲労困憊。
一方の湯本はまだまだ元気。写真を撮ってツイートする余裕も。
 

ページトップへ戻る

Follow us!